住宅で起こりやすい
住宅で起こりやすい
人が生活の拠点におく住まいのほとんどは、蛇口をひねることによって水道水が出る設備が整っています。世界中の国を見た中で…
原因は2通り
原因は2通り
水漏れになってしまうようなことは、自分の住まいに起こるはずがない――。このように思っている人は多いようですが…

老朽化する 0

水漏れが起こるのは、明確に何かをすることによって引き起こされるというものではありません。自然と起こってしまうこともあり得るので、それに対する危機感や意識を持つことも必要となります。
特に水回りに使われている蛇口や排水管というのは、使用をしている年数が経過してくれば劣化してきます。その劣化の年数は使用頻度や使用状況によって変わってくるので、このぐらいの年数でダメになるというものではありません。

ただ、設備として備わっているパッキンや接続部分は老朽化の影響を受けやすいので、そこから水漏れが起こることも多いです。水漏れの対策をする際は、その部分がどれだけしっかりメンテナンスされ…

業者を選ぼう 0

水漏れの予兆がある、もしくは実際に起こっている時には自分で修理をするという方法もあります。しかし、自分で水漏れを修理するということは、簡易的な対処法でしかありません。ですから修理をしたつもりでいても、また同じようにトラブルに見舞われてしまうことが多いです。
何度もこんなことを繰り返してしまっていると、取り返しの付かない状態になってしまうことも考えられます。ですから、専門の知識と技術を兼ね備えた業者で修理の依頼をすることが安全対策の基本となります。

ただ、知識や技術を兼ね備えた業者はどこを選んでもいいというわけではなく、その場面で適切に対処してくれる業者を選ぶことが大切です…

サインを見つける 0

水漏れ対策をする上で心がけておきたいことは、早い段階で業者に修理を依頼するのを判断することが肝心です。水回りでトラブルが起こっていることに気づいていなから、そのまま放置をしてしまっているケースはよくあります。
この状態は、どんどん原因が悪化して水漏れがひどくなってしまうことに繋がるので、ある日突然大変なことになってしまうことも考えられるでしょう。ここは、水漏れのサインをいかに早く見つけて対処するかが大切なのです。

サインの例としては「蛇口の締りが悪い」「水を使用していないのに水滴が落ちた跡がある」「排水管から下水のニオイがする」といったことが挙げられます。これらのサインは…